2006年01月27日

松之山温泉スキー場

私の好きな松之山温泉スキー場の紹介です。このスキー場の魅力は何と言っても空いている所?料金が安い所?
スネークコース~クロスオーバーコースへ、まあまあロングでエエでー
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

大体私の行く十日町近郊のスキー場は、基本的にリフトに並ぶ事はまずありませんが〔大会があれば別〕
その割には ここ松之山温泉スキー場は、コースが長く結構満足します。第一・第二リフトを乗り継いで山頂まで上れば山々の絶景も格別。
吹雪いている時に行けば身も心も打ちひしがれ 人間の小ささを実感でき、明日の活力にもなります。?おまけに各リフトもメジャースキー場と違い非常に遅く、これまた吹雪いている日には忍耐の時間となり、リフト降りる頃には自分が雪だるまに・・・「なんでここまでして滑らなあかんねや~」と自分のスキーに対する愛情のレベルが試され、本当に満足出来ます。早朝より滑れば午前で十分満足、昼食にはレストハウス「雪椿」で昔は美しかったであろうお母さんたちが作ってくれる愛情たっぷりのメニューに舌鼓、本当にエエ!スキー場です。
日本三大薬湯は効くで~あそこもバッチリ!

帰りは日本三大薬湯の松之山温泉街で暖か温泉。私は松之山にスキーに来た際はのいつもここナステビュー湯ノ山に立ち寄って帰ります。少々薬品臭いお湯は乾燥肌で体かゆくなるこの季節、確実に体のかゆみを止めてくれます。身をもって体験済みです。本当に・・・
雪も予算も飛んでいけーそれ!それー!
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
テレビニュースで有名になった津南よりも積雪の多い松之山は除雪も気合が入っています。国より除雪の為の緊急予算も付き雪の飛ばし方にも勢いを感じます。頑張れ松之山!


Posted by at 01:26

2006年01月24日

ばあちゃん受け入れ介護ログ準備

今月末には私の母親がこちらに来るはずだったのですが、豪雪の為、春先に延期になりました。(月間アーカイブ2005/12/04参照
やはりテレビの報道番組を見ていると、十日町・津南はとんでもないドカ雪で身体介護4の母は少々弱気なったみたいです。まあ、私は介護ログの準備に時間が出来たので、少々のんびりと除雪の合間にチョコチョコといじっています。介護ログは8畳ほどで風除室がない為、本日はカーテンレール取り付けをしました。(ワザワザ言うほどでもありませんが)これがある事によって扉の開け閉めの際、外気の進入・室内暖逃げを極力防止。私の母は寒がりの熱がり・・・ささいな事でも出来る事は今のうちに!
病室のレールのまねですわー
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング←「押せるうちは今のうちに」ポチッと・・・助かります。

話は変わりますが、この部屋に設置している薪ストーブCI-1G。私は確かストーブ屋さんから中古で2万位で買って来たのですが、こいつはなかなか扱いやすくパーワーが有ります。このタイプは旧タイプで扉の吊元が1つですが、現行タイプは2つになっています。アウトランドではピキャンのNECTREシリーズを販売しているのですが、このストーブもお薦めです。(月間アーカイブ)ばーちゃんも暖か・・・
簡単でよろしおまっせーしかしアウトランドのピキャンもエエでー
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング←ファイヤーポチッっと・・・


Posted by at 23:13 | Comments [2]

雪国Morning Shot

雪国の面白写真2点紹介
ちょっと重すぎとちゃうけー!荷物は後ろやでー
回りは除雪して・・・頭の上・忘れてるぞー
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

そう簡単には買わさへんでー
雪が締まり低くなったトンネルの向こうに暖かな缶コーヒーの自動販売機・・・四つん這いで買いに行くのか?
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング


Posted by at 09:02

2006年01月23日

頑張れ!

今朝の天気は大荒れの吹雪・・・雪が横殴りで吹き付ける中、マイ娘を含む小学生達はしっかりと登校。
その姿に思わず「頑張れよー」と・・・

吹雪いている感じが上手く取れなくて残念

にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング←頑張る雪国の子供達の為に愛のクリックを・・・

この環境をリスクとするならば、その辛さは必ず血肉かされ「我慢強い」精神として身に付くだろう・・・。
写真が悪くてスミマセン。思わずムーバで撮りました


Posted by at 14:57 | Comments [2]

2006年01月22日

バキッ!ボキッ!

昨年の大雪の時もボキボキと折られたケヤキが、今年もピンチです。先日の気温上昇により雪が締まり木に凍りついた雪が沈みその力で太い枝が・・・
バキッ! ボキッ!   掘り起こし立ち上げ縛る
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

このケヤキは十日町に来て2年目に植えた木で、当初は1メーター位でした。何回も雪に揉まれては立ち上がり3メ-タ-位に成長しました。しかし昨年の大雪で太い枝が今回と同じように折られ少々ショックを受けていました。もぎ取るのもかわいそうで・・・ダメ元で 試しに元の形に戻しビニール紐で固く縛ったのでした。
自然の力は偉大です。折られた箇所に樹皮が覆い見事に再生し立派に立ち上がったのです。私は思わず「良く頑張ったなー」と何も言わないケヤキに心の中で声をかけました。そして今年の豪雪・・・立ち上がった枝の今回別な場所、それも数箇所 ボキ・ボキっと・・・せっかくここまで頑張ってきて負けるわけには行きません。ケヤキに「また紐で縛ってやるから、今年も乗り切れよ」と心の中でつぶやき、枯れない事を願いました・・・
雪の重みで曲がりそのまま凍りつく   枝は下に引っ張られ、もぎ取られる   掘り起こし、紐で縛る
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

こんな木がアウトランドには沢山あります・・・100本以上植えた木・・・すぐ枯れる奴もあれば、本当に私の気持ちが届いているような木もあります(勝手な解釈ですが・・・) 春、この雪が消えまた立ち上がってくる1~2メーター足らずの木!
本当にこいつは頑張っているなーと感心させられるまであと3ヶ月・・・これから本番の雪!「みんな負けるなよー」と心の中で今回も叫んでしまいました。
in the midst of winter,you can sense spring,

早く解けんか~い!重いやんけー   今年はチョット多いんとちゃうけー
この綺麗な雪の下で じっと我慢の木達・・・
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング ←頑張っているケヤキや樹木達の為にもポチッとクリック宜しくお願いします。NPO?


Posted by at 21:08

2006年01月21日

津南マウンテンパーク・スキー場

マイ娘が忘れたスキー靴を届けに津南マウンテンパークスキー場へ!(月間アーカイブ2006/01/09参照 ) アトミックカップでも紹介したスキー場です。今回は天気も良く思わず・・・また、紹介です。

マイ娘と友達

にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

このスキー場は娘が所属している十日町スキークラブがメインで使っているゲレンデで、この地域独特の砂段丘陵地の為すごく景色が良いスキー場です。私のような初級者にはあまり滑れるコースはありませんが、林間コースが私はすごく気に入っています。

スキーヤーが少なくてもゲレンデコンディションはバッチリ
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

ただ昨年までは津南町が経営していた為、スキーヤーが少なくてもゲレンデコンディションはバッチリだったのですが、行政赤字経営施設カットの為、今年から民間が経営する事になり、少々管理が雑になっている感の有る今シーズンのマウンテンパークです。
今シーズンのマウンテンパーク
センターハウス
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング←ランキング参加中。御協力を・・・

本日は予約が入っているのか、ゲレンデ状態はバッチリである。長靴で来ている私はゲレンデの感触を味わう事無く娘に靴を渡し帰路へ・・・
天気の良い日はアウトランドの除雪・除雪・・・


Posted by at 16:16

2006年01月19日

ショックです・・・

昨年の夏ビルドしたバーベキュー棟の屋根雪、もう限界・・・そろそろ掘りに行かなくては。
本日は風も強く最高気温が氷点下1度・・・寒い・寒い・そんな中バーベキュウ棟の雪堀作業。サンダーユンボ出動!
BQ-sagase.jpg
ユンボ右辺りの雪の山がBQ棟
BQ-natsu.jpg
バーベキュウ棟 2005夏
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
BQ棟の屋根はもはや分からない?気をつけて雪を掘らないと破壊してしまう・・・ゆっくり・ゆっくり・まず軒の手前の雪を多い目に退かし、大きな穴を掘り屋根雪を少しづつ落としていく・・・かなりの量の雪が層になって乗っかっている。屋根全体では楽に10トンはあるだろう・・・掘っては落とし・掘っては落としを繰り返しなんとか軒が見えてきた。
BQ-sagase2.jpg
軒が出てきた
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

崩れたらお陀仏なのでBQ棟の中には入らないが、屋根は何とか雪の重みに持ち応えているようだ!基本的にはこのBQ棟の雪は構わないつもりなのだが、今年はドカ雪!ほっておく訳には行かない・・・夏に柱を少し強化し、もっと完全なる雪対策を考えなくては。
そんな事を考えながら掘っている時・・・「バキッ!」・・・ああ・・・やってしまいました。軒先をユンボで破壊してしまいました。 「ショック」・・・
「バキッ」とショックゥ~
やっちゃいましたー
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング←読んだついでに、ここも押しちゃって下さい。

自分で作って・自分で壊す・・・体の中のアドレナリンが体中を駆け回る。私のDNAはショックの回復作業に入っている・・・「雪が悪いのではない、ユンボが悪いのでもない、ただ散漫になった自分が悪い」・・・「これは壊れるべきして壊れたのだ・・・これをヒントにもっとエエ感じの物が出来る。これも勉強・勉強、何が悪い訳でもない」と・・・一人作業は誰を責める訳にも行きません。(そこが良い所!)
タバコいっぷく・・・アドレナリン分泌後、5分経過・・・アドレナリン体内ランニングも治まり血圧も正常に・・・
私は気持ちは持ち直し、「まあエエか~」「形あるものはいつか壊れる」「しゃーない・しゃーない」作業続行・・・
しかし、今シーズン、いくつ物を壊すだろう・・・?


Posted by at 20:56 | Comments [3]

2006年01月17日

鳥追い

昼間のログ取材も終わり、夜は私の所属する地域の「鳥追い」行事です。鳥追いと言うのは毎年の豊作を願って田んぼの来る「鳥を追っ払う」と言う意味の行事だそうです。が、年々その意味も薄らぎ今では子供会1年~6年生の子供達が地域の家々を回り玄関先で鳥追いの歌を歌い菓子を貰って回るというハロウィーンの様なイベントになっています。
昔ながらの意味をなんとなく歌の歌詞からは理解していたものの、今回6年目(6回目)にして初めて鳥追いの意味を聞き、改めて農業国日本だった事が感じられました。
もう1つ分かった事なんですが、鳥追いの鳥には今や天然記念物の「トキ」が含まれていたそうです。当時は多数生息しており、田に来たトキを捕まえて食していたそうです。(佐渡の80歳位の人に聞けば当時の事が分かる・・・らしい)

   (鳥追い)
   あのとりゃどっからおってきた しなののくにから おってきた
   なにもって おってきた  しばぬいで おってきた
   いちばんどりも にばんどりも たちあがれ ホーイホイ
   おらがうらの わせだのいねを なにどりが まくらった
   すずめどりが まくらった すずめすわどり
   たちあがれ ホーイホイ ホンヤラホンヤラ ホーイホイ

amenonaka.jpg
雨の中・・・「♪あのとりゃどっからおってきた~♪」

okashi-yama.jpg
貰ってきた菓子を袋分けする
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

あいにくの雨天の寒い中、私の娘を含む小学生は元気良く各家庭を回りドッサリと菓子を集めました。お父さんは子供達に付き添い、お母さん達は発着地で有る集会所で暖かなとん汁、きな粉餅などを作って子供達を送り・迎える。寒いこの季節にほのぼのとした行事でした。
man-iroukai.jpg
当然、鳥追いが終われば大人は慰労会!
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
十日町は今でも「コシヒカリ」の大農業地域・・・なくなりつつある昔からの小さな行事を子供達が受け継いでくれるよう切に願います。

最後に!
雨天だった為、私は上着がずぶぬれになり、胸のポケットに入れていた携帯の液晶画面が「ご臨終」になってしまいました・・・ちょっと悲しい・・・


Posted by at 17:41 | Comments [2]

2006年01月16日

マイ・ ログハウス取材

ブログをやっていると色々な問い合わせが来ますねー。今回はなんとマイ・ログハウスの取材の依頼です。こんな時期に・・・?
取材の雑誌名はアポロ出版より発売されている「ログハウスに住む」で、今回の取材が載るのは2月発売予定のvol、9です。この9号の特集記事が、「地震にも・雪にも負けないログハウス」と言う企画!
中越地震・震度7強にもビクともせず・ストロングな豪雪にも「なんの、これしき(進行形)」のマイ・ログは企画内容にドンピシャ・・・なるほど納得のこの時期の取材。
しかし、私としては・・・
book.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング ←お手すきでしたらポチッとクリック

14日の昼・東京より取材クルーが豪雪の十日町へ。あいにく本日は雨天ではあるが、ライターの小尾さん・カメラの関根さんは段取り良く取材を進めた・・・
まずは豪雪と悪戦苦闘する私の姿。サンダーユンボ・エンジン始動で屋根雪を落とす。ガガガのドカーン!ハイOK。カメラの関根さんはスニーカーにもかかわらず、雪の中を右へ左へとがんばっていました。
ライターの小尾さんはどちらかと言えばマイペースで「地震の時はどうでした」「この雪に対して暖房は?」等とライターらしく原稿素材を温和にピックアップ・・・・しかし一見物静かな小尾さんですが、頂いた名刺には「7月・8月は北アルプスにいるので連絡が取りづらくなります」とのコメントが入っている ・・・これはいったい・・・?  なんとライターの仕事の傍ら夏は北アルプスで国際救助隊・・・?失礼、山岳救助隊をしているそうです。もしかして私以上にアウトドア・マンなのかも?(私・・・大した事ないかー・・・)
syuzai-staff.jpg
カメラの関根さんとライターの小尾さん
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング ←お手すきでしたらポチッとワンクリック 宜しく!

そんな二人と約3時間、「あっ」という間の取材終了でした。私としては自力で作ったミニログ群を取材して欲しかったのですが・・・外は雪・雪・雪! 企画の内容の件も有るので母屋がメイン・・・チョット悲しい気持ちです・・・夏のアウトランドの雰囲気を是非見て欲しい・・・
小尾さんと関根さんに、「もう一度夏に取材お願い!」「無料宿泊・焼肉付き」と伝え、二人が大きく「うなづいてくれた」と私は勝手に判断し、「それじゃ、また夏に再会」と、これまた私は勝手に約束し、十日町の駅まで送っていきました・・・少々あわただしかつたけれど男3人楽しい時間を過ごしました。
2月発売の「ログハウスに住む vol9」 お楽しみに・・・

最後に・・・彼らは必ずやってくる・・・・・・・・来るはず・・・・・来るだろう・・・・来るかな?


Posted by at 22:12

2006年01月13日

セルフビルドの出来ないこの時期は・・・

この時期は外でのビルド作業が出来ない為少々ストレスが溜まります。除雪・除雪・・・あ~除雪で発散!!物作りがしたい・・・
毎年の事です・分かっています・この時期のビルド・ストレスの発散方法。
ログやバーべキュウ棟に取り付けるランプ作り・・・
ホームセンター等で売っている灯油ランプに配線を施し電気ランプに改造するのです。
lamp-kakou.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
灯油ランプは薄い鉄材で作られている為、加工はいたって簡単、ドライバー・ドリル位かな。それにソケットを取り付け配線すれば電気ランプに変身です。照明器具として考えれば、はるかに安く作れ雰囲気もでます。電球の種類も色々あるので好みに合わせて・・・
yurelu-lanpu.jpg
この電球は炎の様に明かりが揺れるタイプです。
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

アウトドア・メーカーのキャプテンスタッグの灯油ランプは割引で1980円位、ロゴスが出している灯油ランプは1160円(通販のナチュラム調べ)しかし、ホームセンターカインズホームの出している灯油ランプはシーズン最終には400円弱。それもキャプテンスタッグやロゴスとほぼ同じ程度の物、イヤ絶対同じもの。それを利用すれば1000円程で電気ランプは出来ます。一家に1つ、作ってみては・・・物置などのランプにすれば少々ムードも出ます。少子化問題打開の為にベットサイドに・・・ワット数は小さめに・・・小さな明かりであなたは燃える・・・

lanp06-01.jpg
左よりキャプテン・ロゴス・カインズ
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング


Posted by at 22:42

2006年01月12日

あの時君は若かった・・・

昨年の年末に約28年振りの友人と電話で話す機会があった・・・そう私が18才の頃の・・・?
ローカルな話ですがその友人金子君とは同じ地域、同じ小学校・中学校を卒業し多感な高校時代に互いがギターを手にしバンドを作る事になった人です。
その頃、日本のロックシーンでは矢沢永吉が群を抜いて全国でコンサートをしていた時代。キャロル時代より影響を受けていた私は当然のごとくキャロルのコピーバンド(ANGEL)として金子君と始めました。(金子君はブリティッシュロックが好きだったのですが・・・)
高校の友人や紹介でメンバーを集め練習を繰り返し、高校卒業前には関西エリアにおいて矢沢永吉や舘ひろし・クールスの前座バンドを勤めるまでに成長し音楽事務所からもデビューのお声が掛かる様になりました。しかし、お互い多感な時、3年間活動し解散!結局私は自分のバンド作りに入り 金子君とはそれ以来でした。
そんな彼が、互いの友人(加藤栄君)が大阪・梅田の新地に飲み屋を開いた事で私の電話番号を知り電話をくれた次第です。
angel-live.JPG
1976年頃 天王寺アポロホール・ライブ 中央が金子君
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

彼との当時の思い出話の節々に「押し入りに眠っていたギターを引っ張り出しまた弾きだした」「反抗期の息子もギターを弾いてやると目が光る」などと・・・音楽・バンドへの思いが伝わり、彼も今40歳半ばにして改めての自分捜しの時なのかナー?と・・・
人生の折り返し地点を過ぎ、やり残した事は無いか?まだ出来る事はないか?・・・子に対しても・・・言葉で教え叱るより「ギターを弾く親父の背中を見ろ」と言いたい所なのだろう・・・大変よく分かる気持ちである。私が娘の目の前でアウトランドを造成していく気持ちと同じである・・・
彼は少々照れながら「またバンドやろうやー」と・・・
楽しい話です・・・本当に出来るよう考えて見たいものですね。人生一度きり、後半戦も中身濃くOK!カモン!・・・です。
angel.JPG
1975年頃のメンバー
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

私は「自分は何処から来て、何処に行くのか」とよく考えます。何処と言うのは価値(意味)と理由(目的)・・・「何の為に自分が存在し、何をする為に自分は存在するのか?」 自分と言うオリジナルに何か意味はあるのか?と・・・
私がそもそも、アウトランドを作り出したのも自分自身の生きている意味捜し・・・まだまだ答えは出ません。ただ、今言える事はマイ娘の側に居る事が第一優先!しかし娘はキセキレイの様に(月間アーカイブ2005/7/14参照) いつかは旅立ちます。そんな時もちゃんと意味を持って生きている親で有りたいと・・・「頑張って行ってこいよー、私はいつもここで前向きに生きている」と娘に言えるよう・・・
話は脱線しましたが、こんな意味でも金子君とのバンドの話は楽しく・親父の生きる意味として、すごく前向きに考えたいですねー ただ、新潟と大阪・・・?マア何とかなるか?
あまり言いたくありませんが最後に一言 
    まだまだ若い者には負けへんでー ・・・・・・・不良おやじの遠吠えか?


彼、金子君が2002頃ANGELのホームページを作り、若き日の自分達の写真や思い公開しています。覗いてみてください。
http://www.oct.zaq.ne.jp/afghj809/A.index.html


Posted by at 21:28 | Comments [6]

2006年01月11日

ミニログ・ドッグファミリーを救え!

遥か彼方に屋根だけが少し見えている、ドッグランのミニログ(ドッグファミリー)を掘り出しにサンダーユンボ突撃です。母屋から100メートル足らずの距離に有るドッグラン、雪がここまで積もると本当に遠く感じる・・・まず川を渡る橋を除雪して、そして3メートルの降雪壁を削りよじ登っていく・・・ユンボのバケット部で雪をたたき雪の盤を少し固めてから前進・・・少しづつ進んでいきます。途中ユンボの車重で車体が沈み込み、その都度一度戻り盤をたたき直し進んで行く・・・!頭の中はいつもの音楽「タッタカター・タッタッタ・タッタカタッタター」 国際救助隊気分!
DR-LOG06-01.jpg
今行くぞー! ユンボの先に見えるのが埋まったログ
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

今年の豪雪は、まだ1月前半だと言うのに昨年の最高積雪量をとっくに突破している。 
今シーズン一度もドックラン・ログの屋根雪を落としていない、ウム~雪の重量は数トンになっているはず・・・早く屋根雪を落とさないと・・・
このブログを始めた頃書いた記事、「雪の重みで破壊されたドッグラン・ログのポスト」の事が頭をよぎる・・・まだ壊れていないか?

DR-yane06-01a.jpg
すっかり地下室になっている

2005-6dogfamily.jpg
2005夏のログ「ドッグファミリー」
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

まず、周りを掘る。あまり深く掘り過ぎないように注意する・・・ここはデッキの上? 2×4材で作ったデッキの上に雪そしてユンボが乗っかりの堀作業! デッキも頑張れ・・・
屋根雪はかなり固まり積もった量の3分の1は屋根に凍り付いて固まっている・・・屋根のトタンを傷つけないよう慎重に作業を進める。
DR-yane06-01b.jpg
無事屋根雪を落とす
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

約1時間の作業で何とか無事屋根を掘り出しました。ポストも大丈夫そうで一安心・・・やっぱミニでもログは強いわ~しかし、安心は禁物・・・今シーズンあと数回は、母屋から近くて遠いドッグラン・ログを救出にサンダーユンボは出動です。  タッタカタ~


Posted by at 23:13 | Comments [1]

2006年01月09日

アルペンスキー大会イン津南

テレビで一躍注目の的、日本一の積雪量 津南にて「アトミックカップ・アルペンスキー大会」が行われました。十日町スキークラブに属するマイ娘は早朝6時30分スキークラブ出発で津南に向いました。
wakusu.jpg
早朝5時よりスキー板のワックスがけ
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

ワイフと私は応援の為にAМ8時自宅を出発。今年の豪雪日本一でテレビにバンバンと出ている津南・・・今回の大会も雪崩が少々心配では有るが、スキークラブのメンバー・スタッフの人達は「よく降るねー」程度・・・さすがにどんなに降っても慣れたもの!
tunan-1.jpg
国道117津南付近(左雪の壁がバスと同じ高さ)
tunan-yakuba.jpg
有名になった津南役場前
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
この豪雪でも車が通れてリフトが止まらない限り、大会は行われるそうです。ヤリ~
taikai-1.jpg
マウンテンパーク津南
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
大会が行われるマウンテンパーク津南は津南町の中でも信濃川を挟んで山側に位置し、テレビで映る津南役場前とは標高も違い、よりグレートな積雪です。私がたまに滑る初心者コースのリフトは雪に埋まってしまい中止。大会の行われるコースのみのリフトだけが運行していました。しかし、ゲレンデから見る景色はそれほどの豪雪は感じさせませんでした・・・
taikai.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

雪国十日町に来て1つの収穫です。マイ娘がアルペンの大会に出るほどスキーが出来るようになった事が・・・大阪出身の私と東京出身のワイフ・・・共にスキーにはほとんど無縁・・・雪という生活していく上での「リスク」を乗り越えて逞しくなるマイ娘に拍手です。


Posted by at 21:30

2006年01月05日

いったい・・・

天気予報は雪雪雪・・・笑ってしまうほど降り続いています。
昨年暮れに作った介護用ログのスロープの所も写真の様に・・・
p-log.jpg    pumanylog.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
この場所は比較的雪がたまりにくい場所なのですが・・・
夏の写真と比べれば、より笑えると思います。ワハッハッハー
人間は極限状態になると笑ってしまうものなのかー
まだまだすごい箇所は沢山有りますが取りあえず除雪に行かなくては・・・
・・・昭和基地より・・・


Posted by at 12:09 | Comments [4]

2006年01月04日

お節料理にも飽きた頃・・・

1月も早4日が過ぎようとしています。そろそろお節料理にも飽きた頃・・・男の料理の出番です。
豚バラ、ロース、スペアリブを塩・コショウ、にんにく・しょうがをすり込み20分ほど寝かせる。
ボウルに醤油・酒・コーラ・スリりんご・・全て気分の適量。その漬け汁の入ったボウルに豚肉各種
をぶち込む・・・そして30分ほど寝かしたる・・・
buta-buta.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

そして、鉄のトレーに玉ねぎ・ジャガイモをまるごと肉の横に添え、薪ストーブのペーカーズオーブンに
ぶち込む!  後は待つだけ・・・一時間。その間 余った漬け汁をフライパンで少々煮込みソース作り。

yaki-buta.jpg oven-buta.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング

すっかり・こんがり・中までジューシー、ベーグドポークの出来上がり。
ついでに手羽も焼き、1月4日の男の料理は今年も家族(ビー子含む)絶賛の幕開けでした。


Posted by at 21:48

2006年01月03日

元日の2人?

あけましておめでとうございます。アウトランドは今年もマイペースで亀の様に歩んで行きたいと思っていますので、宜しくお願いです! さあ、今年もスタートですね・・・昨年の大晦日のベランダ泊も無事終わり、新年は寝袋にての初日の出でした。元日の十日町は天気も良く晴々しい新年のスタートです。
1-1vee.jpg
にほんブログ村 アウトドアブログへ ブログランキング
娘とワイフは里帰りの為、愛犬ビー子と戌年の私と2人(2匹)静かなお正月・・・です。
ジャスコで買ってきた簡単なおせちとセット、一人で食べるのも寂しいものがあるのでビー子と一緒に・・・
こいつビー子は冬になると運動量が減るにもかかわらず、すごく食欲が増しブクブクと太ります。動物の本能的なものかもしれませんが(寒い季節は脂肪をつける)、体がまるでボンレスハムのようにパンパンです。以前、動物病院で順番待ちしていた際も「犬種ビーグルですよね~」と聞かれたくらいで・・・当然、病院の先生にも「太りすぎです」と・・・(「犬の振り見て我が振りなおせ」と言う声も聞こえますが・・・?)分かってるけれど2人で居ると私だけと言う気持ちにはどうしても・・・なれな-い!
  「まあ、正月やし、特別・特別・・・」と、ビー子にも自分にもあまい元日の私でした。


Posted by at 16:01 | Comments [1]

Copyright c 2005 Outland.co.jp. All Rights Reserved.