2005年08月30日

ツーバイフォー金具

毎回、私は垂木を止めるのには、2×4金具を使っています。
最近ではほとんどのホームセンターで取り扱っています。
私が使い出した頃は一つ80円だったのですが、今回近所のホーム・センター・オープン記念にもかかわらず100円もしました。
「オープンだからと言って、全て安いわけではない!」
多分、長岡のフォームセンターに行けば、今も80円だと思う・・・
2×4金具
(2×4金具)ブログランキング
値段の事はさておき、この金具を使う理由は、棟木や母屋にホゾを彫ってやる場合、必ずちゃんと墨出しをしなくてはなりません。
その墨だしが狂ってしまうと当然ホゾがズレ垂木にコンパネを乗せる際、コンパネと垂木が合わなくなり、垂木に合わせてコンパネを、いちいちカットしなくてはならなくなる。
90×180のコンパネを屋根に上げ下げが大変。
その上、元々のコンパネの直角を利用して屋根を四角く作っている私は、当然その四角もカットしだいで、徐々に狂ってくる。おまけに間違って削ったホゾは元には戻らない。
垂木を仮置きした所
(垂木を仮置きした所)ブログランキング
その点2×4金具は、取り合えず45センチ・ピッチで垂木を置き、それに金具を仮止めし、乗せていくコンパネに合わせて金具を合わせ、固定していけば良いから、これは楽です。
固定された垂木と金
(固定された垂木と金具)ブログランキング
ホゾを彫る時間と狂う危険性を、私は1個80円~100円の2×4金具で、解消しています。あなたなら、どちらを選びますか?
他のアウトドア関連を見る


Posted by at 21:05

2005年08月29日

子供会イベント・ジャンボリー2

27日~28日にかけてアウトランドで開催の、地域子供会のイベント「ジャンボリー2」が、台風11号の影響も無く、曇り空ではありますが、暑くもなくまずまずの天気の中、無事終了し
ました。
27日。 PM1時に子供達はアウトランドに集合。
6年生が中心となって、出欠の点呼、食材集め、部屋割りへと・・・そして今回のメインイベント「絞り染め」のスタート。
6年生がマイ・ワイフのサポートで絞り染めの流れを説明し、絞りスタート。大豆や輪ゴムを使って、Tシャツの適当な部分に絞りをしていきます。
この時点では、あまり子供達の反応は良くなく、付き添いの大人が「もっと、こうしたら。ああしたら」と言う具合でした。が、その後、染め粉をお湯に溶かした容器にTシャツを入れ、混ぜて行く作業くらいから、子供達は徐々に興味が湧いてきたみたいでした。
染めている所
(染めている所写真)ブログランキング
その後、自分達が絞りをつけた部分に色々な模様が現れ、それを見ていた大人達からも「かっこいい」「すごい」などと絶賛され、子供の目は「ランラン」と輝きだしました。
「何でもやってみる」「やれば出来るじゃん!」の気持ちが少しでも芽生えればと・・・思いますが。絞り染めの良いところは、付き添いの親も楽しめると言う所ですね。
子供の中には、染めたシャツを「お母さんにあげる」等、微笑ましい意見も有り、大成功でした。
干しているシャツ
(干しているシャツ写真)ブログランキング

その後6年生が夕食のカレー作り。火の番人であった私は、豆炭を使った為、火の立ち上げが遅くなり、少々不安を持たせましたが、無事グレートなカレーが出来上がり、おいしく頂きました。
後は、定番の「肝試し」に「花火」を行い、9時消灯・・・にもかかわらず・・・

28日。昨夜の夕食が早かったせいか、5時半には皆「お腹がすいたー」と起き出し、あわてて炭をおこし「ホットドッグ」作り。ラジオ体操の6時半には朝食も終わり、食後の運動ラジオ体操になってしまいました。
その後、自由時間にはドッチボール。そして部屋の清掃・・・「もう一日泊りたい」の声が飛び交う中、2005年度ジャンボリー2は無事終了。

朝9時、子供達が帰った後、私は、静まり返った場内を眺め「夏の終わり」を一人感じていました。
他のアウトドア関連を見る


Posted by at 23:46 | Comments [3]

2005年08月26日

十日町大祭り

子ども会のジャンボリー2(小学生一泊御泊まり会)を明日に控へ、昨日より十日町の大祭りが駅通りでやっています。
本日ジャンボリー2の買出しを小学6年生と一緒に行ったのですが、子供の心は大祭り・・・。
会長とすれば少し寂しいものはありますが、やはり夜店のパワーには負けてしまいますね。
十日町大祭り夜店
(夜店写真)ブログランキング
大祭りは年々出店の夜店が減ってきていたのですが、今年は昨年より少々増えています。親とすれば何処の夜店も業者がやっていて、毎年代わり映えしないのですが、子供にとってはワクワクするものなのですね。(当然、私も子供の頃はそうでした)
娘は毎年、同じ型抜きの店に行き、一時間程ねばり賞金をゲット!
その後たこ焼き・クレープ、金魚すくいへと・・・結構な値段を取る夜店。
しかし子供の目は「ランラン」その狭間で値段に考え込む親の私!
「単価いくらやねー」と叫びたい気持ちを押さへ、娘と一緒に9時位まで大祭りを楽しんでい
ました・・・。
ブログランキング
他のアウトドア関連を見る


Posted by at 23:02 | Comments [2]

2005年08月24日

早朝の集中豪雨と秋の空

昨日早朝4時前、いきなりの集中豪雨で目が覚めました。かなりの豪雨です。
まだ外は真っ暗なのでわかりませんが・・・屋根に叩きつける雨音が、かなりデカイです。
最近(ここ2年ほど)の雨の降り方少しおかしく、降ればどしゃ降り!
川の水もすぐにドカンと増水です。これじゃ蛍も生きられません。
本当に異常気象ですね。
川増水写真
(川増水写真)ブログランキング
午後、雨は少し小降りになり27・28日に行うジャンボリー2の為、草刈をしました。
ふと田んぼを眺めると・・・なんと稲穂が少々色づき垂れ下がり出していました。
もう間もなく田は金色に輝き、おいしいコシヒカリが出来ます。
今年も出来たての新米を薪で炊き、おいしい米を秋空の下で試食するぞー!
農家直販のコシヒカリを希望の方は、メールくだされば、交渉します。
稲穂写真
(稲穂写真)ブログランキング
夕刻、空がきれいだったのでパチリと写真撮りました。
だんだん秋の空になって行きますね~。赤とんぼも徐々に増え・・・今年も後半に突入・・・なんか毎日がすごく早く感じますね。
夕焼け空A夕焼け空B
(空写真)ブログランキング

他のアウトドア関連を見る


Posted by at 20:37 | Comments [2]

2005年08月22日

柱追加と震度5

昨日言っていた柱の追加作業です。
丸太を80センチ程にカットし最初の棟木に抱かせる方法です。作業はいたって簡単
チェーンソーでチョイチョイと・・・ユニックでグイーンと、ここはあまり細かい事を気しないでいい所です。
問題は棟木と母屋の間隔の違いで出来る垂木の長さです。

追加柱カット写真追加柱写真
(追加柱カット写真)(追加柱写真) [クリックで拡大]
ブログランキング

そんな時、あれ・・・棟木を吊っていた2トンユニックがユサユサ揺れているでは有りませんか「ウム~地震」周りを眺めると電線もユサユサ・・・
「外でこれだけ、それも車が揺れると言う事は、これはデカイ!」
「久しぶりにまたデカイのが来るか・・・」と思いましたが10秒ほどでおさまりました。
幸い屋根の上じゃなかったので良かったです・・・
それに、娘もワイフも実家に里帰りしているのでこれまた良かったです。
しかし、これだけ地震・余震が続くと結構慣れっこになってしまいますね。
娘はまだ、少々ビビッてますが・・・私はここに居る限りは問題なしと思っています。
恐ろしいのは仕事で東京・大阪などの都会に行った際に起こる事ですね。

追加柱と棟木写真
(追加柱と棟木写真)[クリックで拡大]
ブログランキング

話は戻りますが、棟木セット後、垂木を並べたのですが・・・
やはり一部、長さが足りなくなりました。
仕方なく垂木は明日買いに行くとして、後は長物の丸太柱を加工していました。

本日もかなり残暑がきびしく、愛犬のビー子も私も、クーラーをガンガンかけた愛車フレンディーに入り2時間ほど昼寝をしました。
ビー子は完全熟睡していました・・・のん気な犬やな~

他のアウトドア関連を見る


Posted by at 09:21 | Comments [4]

2005年08月20日

BQ棟 第三ブロック屋根

昨日、BQ棟第三ブロック屋根のトタン張りが完了しました。
こうして遠くから見るとなかなかグレートです。
ハンドメイドと言うかアバウトと言うか、柱の建てた位置がだいたいで建っている為、各ブロックの棟木と母屋が平行になっていない・・・そこに垂木を乗せて作って行くので、各ブロックの屋根の繋ぎ目ががきれいに行かない・・・そこが苦労のし所!
「最初にちゃんと測って建てていない為、後でつけが回ってくる」
しかし、私のやり方はほとんどこれ、建てる前に計算しすぎると問題が事前に解る。
すると全てがむずかしくなり、建てる気力がなくなる・・・
山登りにたとえると「何処の峠が険し」「あそこの谷は深い」など問題点をならべすぎると行く気がしなくなるのと同じ(安全対策は必要ですが)
「問題は起こった時点で考える。そこまではまず行ってみる」が私のモットー・・・まずやってから!行ってから!です。
ダメなら戻ればいい・・・の考えでここまで作ってきたのが、8年間の紛れも無い事実です。ハイ・・・
バーベーキュウ棟第三ブロック屋根[クリックで拡大]
(バーベーキュウ棟第三ブロック屋根)
ブログランキング
話は戻りますが、繋ぎ目ではいつも大変です。次の第四ブロックの継ぎ目は特に・・・。
当初の柱を建てた時点では第四ブロックの屋根勾配の少なさを分かっていましたが「まあ、何とかなるか~」と思っていました。
しかし、第三屋根が出来ると第四勾配が無さが強烈に目立つ!
また、一枚ものでない(段差のある屋根)屋根は雪が着きやすい。
・・・これは再検討をしなくてはなりません。  柱の追加かな~ 
 面倒くさいな~  暑いな~ でも、やるしかないな~!!!
段差のある屋根[クリックで拡大]
(段差のある屋根)
ブログランキング
こうして問題が発生するとその時点で考える。振り向けば、そこには足跡はしっかり残っている。今までの苦労を水の泡にするか? 頑張って形にするか? こうして私は強くなっていく・・・!
他のアウトドア関連を見る


Posted by at 13:25 | Comments [2]

2005年08月18日

急ぎ足で過ぎていったお盆!

毎年のことですが、この時期はバタバタ。当然と言えば当然ですが・・・
今年はブログを始めたせいか?見学のお客さんが非常に多く訪れました。
「今度、利用したいので観に来ました」と言う人もいれば、「ログ、薪ストーブを見せて欲しい」と言う人様々でした。キャンプをする人は少なく皆、ログの方に興味が有るみたいでした。私としてはテントサイトに色々なテントの花が咲く事を期待しているのですが・・・まあ、ボチボチですね。
夜、お盆と言う事もあり、炊事場、ログサイトはランタンじゃなくランプを灯しほのかな明かりでライトアップしました(迎え火・送り火の意味を込めて)

suiji.jpg[クリックで拡大]
(炊事場写真)

ブログランキング

今年のお盆は天気があまり良くありませんでしたが、大阪より来たマイ母親と姉夫婦と甥っ子の大介・祐介はエンジヨイ出来たのでしょうか?永玉作り・柏崎の海。温泉・虫取り・・・まあまあ遊べたかな~。私は接客と盆踊りの準備でバタバタであまりカマってやれませんでしが・・・天気が良ければ、河原で化石探しも出来たのにな~。等と天気を少々恨みながら・・・。
マイ母親も車椅子に透析とハンディーは有りますが、アウトランドの完成の日まで長生きせえよ!と思いつつ新潟空港に送っていきました。

yaguratate.jpg[クリックで拡大]
(やぐら建て 写真)

ブログランキング

そして、その日の晩は盆踊り。決して大きくはありませんが、このあたりの地域では一番ではないでしょうか? 早朝からのやぐら作り・飾りつけ・売店と全部手作り。
約300名程の人が集まり夜10時位まで盛り上がりました。売店と抽選会を担当していた私は、最近お酒を飲まなくなったにもかかわらず、この日ばかりは飲まずにいられない・・・翌早朝のやぐらの片付けが少々辛い・・・と思いつつ、もう1本!
毎年なんか風情のある地元の手作り盆踊りです。

taiko.jpg[クリックで拡大]
(太鼓の取り付け写真)

ブログランキング

お盆後半も接客に追われバーベーキュウ棟の屋根にかかれないのが少し残念。
ルーフィングペーパー状態で雨にさらされているので少々気にはなるのですが・・・
早くトタンを張ってやらねば・・・しかし、これも一人でやっているので仕方が無
い事だと・・・「明日はお客さんがいないので、トタン張るぞー」と気合を入れて
本日18日も zzz

他のアウトドア関連を見る


Posted by at 23:22

2005年08月14日

スノーピーカーになっていた友人

私がここ十日町に来て2,3年した頃、重機レンタルのニッパンで、建設機材の中古品セールが有りました。キャンプ場を自分で作る上で、見てまわる物全てが欲しい物でした。
しかし予算的に・・・!安い物でも小型重機150万円・仮設事務所50万円等「目玉ビョ~ン」状態でした。
何の知識も無い私は「建設機材と言う物は、こんなに高いのかー」
「これはいったい何?」と、本当にド素人状態でした(実際素人ですが)
そんな中、予算的に大丈夫で、キャンプ場として欲しい物はトイレと考え、私は仮設トイレを色々と物色していました。
こちらの値段はいたって良心的・・・1万から3万まで・・・そして、その時声をかけ相談に乗ってくれたのが、その後、友人になった山本さんでした。
彼、山本さんはバックホー(ユンボ)を格安で探してくれたり、路盤屋さんを紹介してくれたりと、私が思うにアウトランドの協力者の一人です。

スノーピーカー山本さん[クリックで拡大]
ブログランキング

その彼が二年ぶりに家族でキャンプに来たました。
そしてびっくり~!コールマン派の山本家がスノーピーカーになっていたのです。
ランタン・バーナーはコールマンですが、テント・タープ・キッチンテーブルとメイン所がスノーピーク・・・そして彼曰く「これからのテントはスノーピーク」と!・・・。私も興味をそそられているメーカーだけに納得。
アウトランドキャンプ場に初めてスノーピークのテントが建てられました。

写真 テント夜[クリックで拡大]
ブログランキング

ここでアウトランド利用者の建てたテントのメーカー順位。
1位・コールマン(断トツ) 2位・不明 3位・モンベル 
4位・キャプテン・スタッグ 5位・小川テント
ランタン・バーナーはダントツでコールマンでした。
今後アウトランドで、どんなテントが建つか非常に楽しみです。
また、スノーピークの快進撃は目に見えて面白く、今後の展開が◎ですし
新商品のびっくり値段の液出2バーナーが何処まで支持を受けるかが見物ですね!
マイ・ウェイーのスノーピークが好きな、マイ・ウェイーのアウトランドでした。

PS, 私は政治家の様にメーカー(スノーピーク)からのキックバック等などは
貰っていませんし、癒着もありません。

他のアウトドア関連を見る


Posted by at 15:55

2005年08月10日

盆踊りの準備と丸太

私は今年、町内子供会・会長の為、夏のイベントの準備を子供達と色々としなくてはいけません。
本日は夜7時に地元の集会場に小学6年生を集め、盆踊りのやぐらに飾る灯篭の絵描きです。
当初6年は私町内では7名なので、絵を描く人数的には十分と考えていたのですが、
集まったのが私の娘を入れ3名・・・出席率悪し!
大人の作った和紙の灯篭の4面に絵を書かすのですが、なんせ子供のすること「早く書けよ~」と言いながらも急ぐ訳でもなく・・・役員からアイスの差し入れが有ると即休憩・・・
仕方なく私が一面担当し9時、何とか無事終了。
本当にマイペースでのん気な6年生・・・!
ちなみに私の娘の行く学校の6年生は男女合わせて35名、6年1クラス。
6年間ずっと一緒・・・今後中学校を合わせて・・・幼稚園も入れると約15年間一緒・・・!
これもまたすごい!  
結果、6年生は現在、男女の仲が良いらしい・・・。

夏休みも盆が過ぎれば後半、後ジャンボリー2のイベントが控えている。
まだまだ夏はあわただしい~

67才の丸太[クリックで拡大]
ブログランキング

本日の昼間の作業は相変わらずバーベーキュウ棟・・・今日、建てた柱は伐採してから3年ほど転がしておいた奴でなかなかの大物、年輪を数えて見るとなんと67才の杉。
転がしておいた3年を加えると70才・・・私が生まれるはるか前1929年生まれの杉、ウ~ンそんな木が今日バーベーキュウ棟の柱として建つ。なんか深いものを感じ、
思わず丸太を撫で「宜しく頼むで~」と小声で言ってしまいました。
製材された新材だと、そんな事あまり気にしないのですが、丸太や解体材(漢字で墨打ちされている材等は特に)など、年月日を感じる材を利用する時は、なぜか・・・「また頑張れよ」「伐採してごめんナ~」「宜しく」等と言いたくなるのは私だけでしょうか?

バーベキュー棟第3ブロックの屋根[クリックで拡大]
ブログランキング

他のアウトドア関連を見る


Posted by at 23:54 | Comments [6]

2005年08月07日

スノーピーク本社へ行って来ました!

昨日は久しぶりにスノーピーク本社に行ってきました。
もう雪峰園のイベントも入れて4回目です。
なんか本社に行くと何か新しい商品が展示していないかといつもわくわくします。
今回は、アウトランド・ページに記事を載せたく、それの許可をお願いに行った訳で、
商品の購入のつもりはありませんでした。が・・・ついつい
衝動悩み買いで竹チェアーを2脚購入してしまいました。

スノーピーク本社 [クリックで拡大]
ブログランキング

スノーピークのショウルームでは2004年のカタログ12ページ写真の開発部の藤枝さんが立ち会ってくれ少し緊張しました。
カタログに乗っている方がいきなりの登場だと「この人が考え、作っているんだ・・」と少し有名人に合った様な気がするのは私だけでしょうか?
他社のカタログの様に何も知らないモデルを使ったりするより、作っている方が載っている、そしてそこに居る・会話を交わす、というのはメーカーへの信頼や愛着がすごくわくもので、スノーピークのユーザー第一優先と言うのが伺えますし、良いやり方だと思います。
今回は初対面だったのであまり御相談出来なかったのが今になれば少し残念でした。
(昼休みの休憩中に伺ったのが、少し悪いことをしました)

藤江さん写真[クリックで拡大]
ブログランキング

新潟にはスノーピークをはじめユニフレーム、キャプテン・スタッグなど今すごく元気なメーカーがありますが、ショウルーム等が有る本社などに顔を出すとメーカーの真意が伺えユーザーとしては少し面白いのではないでしょうか!
また、長岡のパーマークの社長さんに聞けば、メーカーの姿勢、新商品の良し悪し等の情報も得られます。

私は以前、モンベル・コールマン派だつたのですが、最近少しづつスノーピーク・ユニフレームの商品が増えてきています・・・

ライトハウス室内写真[クリックで拡大]
ブログランキング

衝動買いの竹チェアーはどうしてもミニログ「ライトハウス」に入れたく購入を検討していたのですが、予算的に悩んでいました。
昨年ユニフレームチェアを買いそれを「ライトハウス」に入れたのですが、どうしてもイメージは竹チェアのコットン生地・・・そして今回、ついに購入を決断しました。
やっぱりこちらの方がイン・ドアでも合っていてイイ・・・
(ユニフレームチェアも良いけどこの部屋には・・・)

最初の頃のテント写真[クリックで拡大]
ブログランキング

私がこうしてキャンプ場を作るまで・・・いや、キャンプにはまったきっかけは、今から17~18年前ホームセンターで見かけた2980円で売られていたテントです。それを早々に購入、ランタンもキャンピングガスの一台きりで、テーブルはタンスの扉で作った物。それを当時の愛車ボンゴに積んで道志渓谷・富士・
大洗・北海道・等とキャンプ場を転々としました。
その頃はキャンプのブーム到来のきざしが見えた頃で、ブルーのプラスチックのテーブルとイスがセットになった物が一万円近くした頃(今は1780円位で売っている)
その後、クロスタードラゴン、ロゴス、ダンロップのテントへとグレードが上がって行きました。
ダルセパクトA-430写真[クリックで拡大]
ブログランキング

当時よく使っていたテントがダンロッブの「ダルセパクトA-430」で、これは、スノーピークのリビングシェルに似たところが有り。
当時としては珍しくオプションが色々有ったのです。付属の追加キャノピーを始め・キャノピー用サイド・ウォール、スクリーンメッシュ、ルーフ等・そのバリエーションにワクワクし、他の人とは違うサイト作りに心がけたものでした。

思い起こせば、その頃のキャンプが一番楽しかったような・・・。

一大キャンプブームが去った今、てんこ盛りのキャンプ・ギアに囲まれて、のんびりサイト作りをしたいというのが、キャンプ場作りのきっかけなのかな?と・・・(当然子供の事もありますが・・・)過ぎ去った日々に思いを巡らす本日夕刻でした。

他のアウトドア関連を見る


Posted by at 12:58

2005年08月04日

バーベキュー棟 第2ブロック屋根完成!

しかし暑いですね~ 昼間はぜんぜん屋根には上がれない状態・・・
午前の1・2時間と夕方5時からの2時間ほどがトタン張りの時間。
しかし、その時間帯でもルーフィングペーパーのタールが暑さで溶け靴底に張り付く始末・・・。やれやれと思いながらも「自分がやらなきゃ誰がやる・・・」と心の中で言い聞かせビルドは続く。

bq_yane_ok.jpg

昼間は棟木や母屋を受ける追加柱の制作にかかる。
ここでは自分の好きな工具を1つ紹介しましょう・・・マキタの曲面カンナです。
これは普通のカンナとは違い丸太などのカンナ掛けに最高です。
丸太の凹凸も難なくカンナ掛けが出来、仕上がりもなかなかで、生木の皮をはいだ際、ヤニ壷で残ってしまう皮の部分もすっきりです。
少々お値段が高いのと重いのが難点ですが、私のお勧め工具の1つです。

kanna.jpg

夕刻、屋根の上より周りを眺め、ヒグラシの鳴き声を聞きながら、続く第三ブロック屋根作業のプランを考え、本日も無事終了・・・!

このサイトはブログ・ランキングに参加しています。
御協力御願します!

人気blogランキング


Posted by at 21:00 | Comments [7]

2005年08月01日

十日町市民水泳大会

昨日、十日町市民の水泳大会が行われました。
天気予報の曇りのち雨にもかかわらず、絶好の大会日和の晴天でした。
マイ娘は平泳ぎの25メートルと50メートルに出場し、25メートルは大会新の21秒で優勝!50メートル2位と言う結果でした。スポーツマンで無い私の子にしてはすごい結果です。つくづく子供は環境を与えればどんどん吸収し、身に着けていく者だと関心させられます。
今の時期に感覚を体に覚えさせれば、それは一生もの、「鉄は熱いうちに打て」と言う言葉がありますが、本当にその通りだと、マイ娘を通じて実感させられました。

city_swimng.jpg

大会の中で一つ注目すべき種目がありました。それは着衣水泳です。
毎年この大会で行われている種目ですが、夏のこの季節、水の事故が多くテレビで報じられる中、服を着て泳ぐのがどれだけ大変かをレースを通じて実感せる、と言う目的で行われています。
少し泳げるから・・・水泳得意だから・・・と、つい過信して水に入る・・・しかしちょっとの油断で・・・死ですよ!
「水は怖い」を改めて子供達に警告する・・・これは深い意味の有る競技であるし、経験しておくべき事だと感じました。
私も思わず参加したくなったのですが、ワイフに「5メートルで沈没」と言われ納得・・・もっとも大人のエントリーは有りませんが・・・。

まあ、「子供の水泳をみて大人は涼を感じる」そんな、暑い十日町の市民水泳大会の一日でした。

このサイトはブログ・ランキングに参加しています。
さあ!何位にいるでしょう?

人気blogランキング御協力御願します。



Posted by at 10:28

Copyright c 2005 Outland.co.jp. All Rights Reserved.