1998年05月10日

「第9話」「狸」たぬき親父

1998年5月
鉄橋が、県道との境界線をはみ出していると十日町土木から連絡が入る。
境界線の事は以前モトログの磯部さんに伝え、
その境界を元に「庭野測量」が測量をしたはずなのに・・・。
その上で鉄橋の位置を決めているのになぜ・・・?
磯部さんに電話で伝えると、「後日そちらに土木の人と一緒にうかがいます」との事。

基本的に磯辺さんは今後この件が終わればパスする。
かなりのデマを周りに吐いているらしい・・・・・・。

キッチンの件は兎屋さんが取り寄せてくれたナショナルのキッチンがある。
風呂・洗面 取り合えずイナックスが付いている。
このクレ-ムと怒りはあるが、
モトログがかってにやった、L字溝土留工事の件とチャラにして、
今後この糞狸おやじには関わらないで行こう。

モトログ(磯部の狸おやじ)が言っていた大嘘
1,モトログが自社のビルダ-と言っていた、兎屋さんは、今回始めてモトログと仕事する。

2,自社のブレ-ン(いつも使っている)と言っていた
  設備・電気屋・ペンキ屋・屋根屋さんはすべて兎屋さんのブレ-ンであった。

3,モトログの別なビルダ-がこの前まで建築していた現場の写真と見せたものはまったくの他社の現場写真。

4,名刺に記載されていた、(モトログ・カナダ・バンク-バアイランド)本人はカナダ営業所と言っていた。
 「そんなもんは、どこにも存在しない・・・・・」

5,「自社もログ材を直輸入しています」と言っていたが、すべて他社に輸入してもらっていた。
  その上、支払い延滞でもめていた。

6,自社のパンフレットの写真はログ雑誌や他社のカタログの写真を使っていた。

 まだまだ有るが書いていると きりが無いので・・・

-------------------------------------------------------------------------------
十日町土木事務所から電話がかかってくる。
「明日磯部さんが鉄橋の件の説明に事務所に来るそうですが、聞いていますか? 一緒に来るんですか?」と。
そんな話は知らない、きっと磯部狸が勝手に行って適当な事を言うのだろう。
私は土木の人に「私もそちらい行きます、私が行くことは磯部さんに言わないでくれ」とお願いし電話を切る。

十日町土木事務所にて。
私は少し前に行き磯部の来るのを待っていた。20分程して磯辺のおやじが現れた。
私が居るのを見てビックリしている。
私に視線を合わさず土木の人にタジタジの説明をしていたが、
ついにここでもいい加減な説明に大噴火した。

私の説明した境界の件をちゃんと測量士に伝えず、
測量士は、世間一般に県道脇に境界を線引きをしたために起こったことなのであった。
知らない間に私の敷地は小さく線引きされていた。
被害者である私はあまりにも激怒した為、加害者である磯辺は、むしろ被害者っぽくなってしまった。

土木の人が仲裁に入り私も気を静めたが・・・
「この責任は私(磯辺)にあります」
「もう一度測量しなおし対処します」と言って磯辺は帰って行った。
 私は、土木事務所ともめる気はないので、
「どうせ磯辺はやらないので私の方で鉄橋をカットします」と言って土木事務所を後にした。

それからしばらくして「モトログ磯辺のおやじ」は自己破産した・・・。
-------------------------------------------------------------------------------
話はややっこしいが、
下記のながれになっている。
story_9.gif

1998年6月
一方基礎内の扉がまだ到着しない。
ウィ-クエンドに電話すると
「扉関係はウィ-クエンドには無く、同じメ-カ-(フィンランドのウィークエンドハウス」と
直接取引している日本代理店)のスオミ・インタ-ナショナルに有る」という。


地下の扉関係は、ログ代金に含まれた契約にもかかわらず
「スオミ」には扉が着ているものの、
「ウィークエンドジャパン」が他の現場のログ代金の支払いも滞っている為、
「スオミ」が私の扉を出さないと言っているのであった。
ウィークはどうして現在契約中 の(私の扉を含む)ログ部材をスオミから引っ張り
出そうかと社内で検討した結果、同じフィンランドから輸入している業者から
部材を段取り出来るようにしたのである。
私はその後新しく立ち上げた「ラップランド」のアフターで直接スオミインタ-ナ
ショナルと話をし、一部負担金すると言う事で、スオミから扉関係部材を引っ張り出した。

1998年10月
「ウィ-ク・エンドハウス・ジャパン」はその後、
他の現場のトラブルで裁判沙汰になり倒産する。

ウィ-クエンドに居た若い社員達が自腹で
各現場のフォロ-に走り回っていた。

図を見て思うと 私のログが完成したのは、
兎屋さんのおかげだとつくづく思う。
私も走り回ることで色々勉強ができたし・・・
大変やったけど、これで良しとしよう。

さあ、これから自分でビルドするゾ~
まずは地下の扉から・・・・・・

つづく
人気blogランキング
  


Posted by outland at 10:53 | Comments [1]

Copyright c 2005 Outland.co.jp. All Rights Reserved.