1998年01月15日

「第8話」 しっかりしてくれ~!!

1998年1月
キッチン交換のため新潟へ
しかし「税関の処理が遅く今月中は無理」と磯部さんから連絡が入る。

1月15日
モトログ磯部さんに五棟目のログ模型を渡す。
模型代金の振込みを確認するが、入金されていない。
まあ、別に急いでいないので気長に・・・
しかし磯部さんは直ぐに振り込むと言っていた。

1月23日
ウィ-クエンドハウス・ジャパン宇高社長とラップランド小沢社長が東京へ来る。
ログ代金支払いについての説明である。
「ウィ-クは今経営が厳しく、私のログ代金を公庫から下りるまでの間、(株)ニッセンに 借り入れをしたい。」
「だから私が(株)ニッセンからログ代金を借り入れしたことにしてもらえないだろうか」と言う内容だった。

ウィ-クエンドハウス・ジャパンは倒産・・・?
モトログや兎屋(ビルダ-)への支払いと、
残工事を元ウィ-クに居た小沢さんが作った(株)ラップランドで
責任をもつて行うと言う事でOKする。

2月6~8日
2月20~22日
新潟に行くがキッチン交換・設備残工事・照明残工事していない。
磯部さんにその事を伝えると、キッチンはサイズ違いとの事、
21日設備屋さんと一緒に来るとの事だつたが、
磯部さんは来ず、設備屋さんだけが来て風呂に入るようになる。
(キッチンの件は嘘っぽい・・・
今頃サイズ違い? 少し頭にくるがログ模型のこともあるので、
もう少し様子を見よう・・・
どうも設備屋さんの話だとモトログは下請けさんへ、
ちゃんと支払いをしていないようだ・・・。

2月25日
公庫より入金。3000万近いお金が一瞬で(株)ニッセンへ

3月6日~10日
キッチン交換のため新潟へ。
まだ来ないとの事。

20日~23日
当初予定のキッチンが合わないため、違うタイプのキッチンの写真だけを
もってやってきた。(いい加減限界である)

4月
キッチン交換のため新潟へ。
磯部さんが手ぶらでやってくる。
「あほんだら~いい加減にしろ」と思い切り怒鳴る。
視線を合わさない。
いい年をしたおじさんがなにやってんねん。
「すぐになんとかします」と言って走って帰って行った。
私の手にはバ-ルが握られていた。

この件で、残工事を受け持ったラップの小沢さんに電話をする。
「下請け屋さんの件はこちらでは分からない」と
「ラップの方で受け持つのは、
地下扉関係とミニログ関係になる」と、
「ただ下請け屋さんの連絡先は分かると思うので、至急確認する」と。

設備・電気の下請けの人と会う。話を聞く・・・
やはりモトログからの支払いは滞っていた。
現在終わっている工事の残金はモトログに請求をお願いし、
ここから先の残工事に対しては、
金額も大した額では無いので私が直接支払うと言う事で、残工事をお願いした。

                                つづく

人気blogランキング
  


Posted by outland at 23:37

Copyright c 2005 Outland.co.jp. All Rights Reserved.