1997年10月13日

「第7話」 ログ組み立て開始!!

10月13日
いよいよ、ログ組開始 (ビルダ-は六日町の兎屋さん)
兎屋さんは私のログは20棟目の建築らしい。今まではづっとBIG BOXのログを作っていたそうだ。
story3-2.jpg
11月22日
上棟式をする。一人2,000円のお弁当を20個よういしたが、出席者は11名だったので沢山余る。
story3-22.gif
ウィ-クエンド田野さん高松さんに交通費1万づつ、さらに大入り袋500円を全員に・・・・・
お金があるわけでもないけれど、こう云う事はちゃんとしてあげたい。

薪ストーブ(モルソ-1600の設置始まる)

設備関係(バス) がいつの間にかイナックスになっている、
当初ウィ-クエンドが見積もった設備だ(爆発寸前)
理由をたどれば、なんといったん預かった設備分140万は施主(私)に対しての値段で、
業者間では6掛けの値段しか出せないと言う事で、
6掛けの84万じゃモトログが出来ないとなり元のイナックス準備に入ったそうだ。
ウィ-クエンドは設備でも中間マ-ジンを取るのか・・・
10月頭の時点で設備費は私が預かると田野さんに了解済みにもかかわらず・・・
そしてこの事が判明したのはたまたま私が新潟にいた時、
設備屋さんから開口部の確認をしたいと連絡があったからだ。
もし私が新潟にいなければ、いったいどないなっとんねん!!!!!
施主に確認も取らんとなにしとんねん。
結局、取り合えずイナックスを設置し、
後でモトログの方でスエーデン設備と交換することで話は落ち着く。
ウィ-クエンドからの誠意は無しである。

12月
基礎内の木製扉が来年1月末でないと到着しないと判明。
ログ内の階段が図面では左回りなのに着ている部材は右回りである。
階段の手すり部材がない。これまた来年1月末
ロフト納戸の扉部材がない。これまた来年1月末

上記先送り項目が有るにもかかわらず、田野さんから年内引渡しの話がきた。
正月は新潟で過ごすと言っていたのでその配慮かもしれないが、
地下から一階が筒抜け状態のまま寒冷地の
新潟でどう正月が迎えられると言うのだろうか。
それに建設位置が県道と段差があり鉄橋を架ける話になっているにもかかわらず、
鉄橋も基礎打ちのみ・・・・
せめて橋が完成するまでは、引渡しは認めないと伝える。
そしてさらに工事か遅れるとすべてキャンセルすると・・・・・・・・

12月21日
ウィ-クエンド宇高社長より電話あり。
相変わらず温和な話術で私の怒りを抑えるつもりであるが、根本的に間違った話である。
元請としての言い分を色々並べるが、元請として何もしていないし、
ログ部材搬入の件でも嘘をついているのだから何を言っても納得できない。

橋の件も当初5mだった物が10mになつたなどと、とっくに分かっている言い訳をする。
水道の件で200万私が払い、ミニキットを提供するとまとまった話し合いの前に田野さん高松さん立会いで建築位置が決まり橋は10m位になるのは分かっていたはず、
その上、上記話し合いの際「あとは問題無しです」と、
「あ・な・た」が言ったじゃないですか・・・
その場に田野さんも居たでしょ・・・・・・
結局、明日の会議で結論を出すと言うことで電話を切る。

ウィ-クエンドからの鉄橋建設のGOが出ないまま、
モトログから「鉄橋が出来ました」と連絡が入る。
モトログの磯部さんが先行して建設を依頼したのだ。
磯部さんからは、「ウィ-クエンドには言わないでください」と。
「伝えてしまうと、そちらが勝手に作ったのだからと言い出しかねない」とも・・・・・
2,3日後、
ウィ-クエンド宇高社長より「橋が出来ました」と連絡が入る。(とっくに知って います)

モトログ磯辺さんに頼まれた、ログ模型年内に4棟納品する。

12月26日
正月は新潟で過ごすはずだったが、風呂にも入れないため、
ログが正月を迎える準備だけをして新潟を後にする。
なかなかグレ-トな橋が出来上がっていた。

キッチン交換は、税関が込んでいるため年が明けてからと磯辺さんから連絡が入る。

                           つづく

人気blogランキング
  


Posted by outland at 01:34

1997年10月09日

「第6話」 海を越えてログ材が到着!!

10月9日
ログ搬入(やっと・やっと新潟にログが来た)
フィンランドから特注のマシンカットログ材が到着!!
story3-1.jpg
ロフトベランダの部材がない、多分横浜の仕分けの際のミスだろうと・・・・・
混載の石川へ部材を高松さんが取りに行く。
正月は新潟で過ごす予定のため、急げ急げの中、部材待ちである。
週に2,3日は新潟プレハブ生活が続く、日増しに寒くなる


私が作ったマイログの模型を磯部さんが気に入り、
今後モトログが建築するログの模型を作ってくれないかと頼まれ、OKする。
story3-3.jpg

                           つづく

人気blogランキング
  


Posted by outland at 01:28

Copyright c 2005 Outland.co.jp. All Rights Reserved.